徒野 題名 敬愛 - 191125更新


三拍子の夜間飛行
水銀灯のあわいを跳んで
まだお飾りの星なので
月に舟を出さないで
蛇の嫌いな宝石の色
星座をでたらめにして笑っている
胸の真中で欠けのない傷がひかる
朝までにこぼれた星にキスをして
花の咲くような永遠を泳いでゆく
名指しの碇星
孵らぬ卵の黄金比